おやじに喋らせろ!
おやじになって10年。行動パターンがおばちゃんぽいと周りから言われるおやじ。息子と妻と色んなことをやって成長していると思っているおやじ。気がついたこと、やってみたこと、発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読み書きそろばん
息子の勉強については、息子が勉強したいと思ったときにしたらいいと(なるべく)思っていて、野球と造形教室に行く以外は習い事には行っていません。野球を週5日してたら、その時間もないんですが(笑)。

周りを見ると、水泳に英語、学習塾と、てんこ盛りに行っている子どももいるし、そろばんと学習塾に行っている子どもがいて、なんとなくウチの子どもだけ、習い事に行っていないような気がして不安に思うときがたま~にあります。

私が子どもの頃は、親に勉強しろとはきつく言われた記憶はあまりありませんが、母親の無言のプレッシャーは感じていました。勉強しろと言われる代わりに、「私は学校に行けなかったから、子どもには学校に行ってほしい」という言葉を何度も聞かされていました。
だから、私もそれに応えようとしていたんでしょうか、塾へは行かなかったけれども、宿題はしっかりやり、それ以外に何かしていたように思います。

だから、学校は出たけど、何となく行かされていたような感じがずっとしていました。

でも、社会人になって、小さい頃から積み重ねてきた勉強が土台にあることを感じるようになりました。勉強をする機会を与えてもらっていたんだなあと思うようになりました。ただし、今の時代のように就学前から、文字を覚えたり、計算を覚えたりしたようなことはなかったように思います。幼児期は幼児期、小学生時代は小学生にあったことをしていました。

昔から、「読み書きそろばん」という言葉がありますが、そこは親として子どもに渡したいものの一つです。他に、健全な身体。色んなことを感じる感覚、感性。思いやりの心などがあります。メンタル部分に関しては大体が親の姿を見て子どもが身につけていっているように感じていますが(笑)。

「読み」はそこに書かれていることを読む力。意図を感じる力。「書き」は文章を書く力。伝える力。「そろばん」は計算力。数字を感覚で捉える力。

これがあれば、必要なときに必要な知識が身につくように思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ
読んでいただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obaoyaji.blog93.fc2.com/tb.php/259-815d2d15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。