おやじに喋らせろ!
おやじになって10年。行動パターンがおばちゃんぽいと周りから言われるおやじ。息子と妻と色んなことをやって成長していると思っているおやじ。気がついたこと、やってみたこと、発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
磐座(いわくら)3
次に訪れたのは、六甲山カンツリーハウスです。この施設の中に磐座が残されています。開発される中、よく残されていたものです。

ほとんどの来客者はこの磐座には気がつかないようです。

六甲山カンツリーハウスには、家族で遊べるような施設があります。
http://www.rokkosan.com/country/index.html

遊具やデイキャンプ場があり、丘陵地に芝生が広がっています。
中央入口から入って正面の斜面の頂上付近に磐座があります。

SANY0913a.jpg


SANY0909a.jpg


大きな磐の横に木が生えているんですが、とても不思議な形をしています。
これは、磐座からのエネルギーでこのような形状になったのではないかと説明してくれました。クリックしてアップで見てみてください。
SANY0913.jpg



この磐座の近くに石がストーンサークルのように配置されていました。磐座の説明書きを読むと、昔、ここで祈りを捧げていたようです。

はるか昔に思いをはせると、現代人の愚かさに恥ずかしくなるばかりです。

ここでお弁当を広げて少しゆっくりした後、天狗岩へ向かしました。
山上では循環バスを利用して移動しましたが、時間と体力に余裕がある人は歩いても十分行けます。

天狗岩からの眺めはとても良く、生駒山や関空、淡路島など遠くの方まで見渡せます。

天狗岩とツーショットです。
天狗にならないよう、謙虚に生きたいものです。
SANY0918.jpg


これで磐座巡りの話は終わりです。

自然も動物も人間も、過去も現在も未来も、全てがつながっているような気がしました。感謝と愛と笑顔で満たされる世の中となるよう、祈ります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obaoyaji.blog93.fc2.com/tb.php/209-be6b82da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。