おやじに喋らせろ!
おやじになって10年。行動パターンがおばちゃんぽいと周りから言われるおやじ。息子と妻と色んなことをやって成長していると思っているおやじ。気がついたこと、やってみたこと、発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラフト木工教室3
クラフト木工教室の当日は、先日からの雨も止み、絶好の活動日和となりました。
参加者の方々には、申込み時から時間がある時に材料拾いを子どもと一緒に行ってもらうようにお願いし、当日の午前中もツルや木の実を探しに森の中に入って行ってもらいました。

40分くらい森を散策し、材料を集めた後、少し遊んで、お昼ごはんを食べて保育園に集まりました。工作から参加される方も13時前に集まってきて、まずはどんな材料をどんな場所で採ってきたか各家庭に発表してもらいました。会場となった志方町の長楽園以外に、事前に日岡公園、近所の神社や、六甲山、中町の方まで足を運んで材料を集めてきてくれた方もいました。

自然の中から集めた材料は、どんぐり(形も大きいの小さいの、細いの太いのと様々)、どんぐりの傘、まつぼっくり、栗、小枝、はっぱ、ツル、種などです。変わったところでは落花生の殻、ビスタッチオの殻なんかも持ってきてくれた家庭もあり、とても面白い作品ができました。中身はおやじのお酒のあてになったのは言うまでもありません。

購入した道具は、従来木工用ボンドを使用していたんですが、固定できるまで時間がかかること、形状や材質によっては固定しにくいものもあるので、今回、グルーガンを16丁購入しました。併せてピンセットも購入しました。

作品づくりのために購入した部品、材料は、アクリル塗料、筆など一式、安全ピン、マグネット、ストラップ、ピアノ線銅線、紙粘土、ぬいぐるみ用の目玉、麻ひもなどです。

道具として、丸ノコ、ジグソー、糸鋸、電動ドリル、ルーター、キリ、ラジオペンチ、彫刻刀、サンダーなどです。

こういった作品づくりで最も大切なことはできるだけたくさんの材料を揃えるという鉄則(と私は思っている)を守り、材料、道具もたくさん用意しました。

前書きが長くなりましたが、各家庭での材料発表の後、作品づくりのスタートです。来る前から何を作るか考えていた家庭、周りを見ながら作り始める家庭、とりあえず目の前にある材料を見て作りながら考える(考えながら作る)家庭、色々でした。

例年だと、電動のこぎりや電動ドリルがうなりをあげて木工教室が進んでいくんですが、今年は、クラフト木工教室という新しいイベントで、危険度が低いことも分かりました。

気をつけるのは、高温になるグルーガン、穴開け用の電動ドリル、時々使う電動のこぎり、ジグソーぐらいで、幼児や低学年でも大人が様子を見ながらでの作品づくりができることが分かりました。

実際、例年以上に子どものことそっちのけで、作品づくりに没頭していたおやじが多かったです。

子どもたちも自分の難しい作業は色んなおやじに頼みながら、作品づくりに取り組んでいました。作品づくりは2時間と決めていたのですが、子どもたちもその間飽きることなく作品づくりをしていました。

さて、いよいよ作品発表です!

作った作品を各家庭から皆さんに発表していきます。野球場を作る子ども、リースを作る子ども、ドングリでアクセサリーを作る子ども、紙粘土で作る子ども、リースを作るおやじ、小さなアクセサリーをつくるおやじ、駒やヤジロベーをつくるこどもやおやじ、思い思いの作品を作り、紹介してくれました。

また、一言ずつ感想を言ってもらいました。

作品を作り始めると子どものことは目に入らなかったおやじ。
子どもが大きくなって手がかからなくなってちょっと寂しいおやじ。色々と作れて楽しかったおやじ。
今回は最後まで作りきれてうれしかったおやじ。

感想は様々だったけど、何となくほんわか、ゆったり、楽しい感じだったのが伝わってきました。

おやじの会では、子育てをするおやじが集まり、一緒にものを作ったり、一緒に料理をしたり、色々な活動をする中で、一人ではなかなかできないこと(しないこと)をやってみて、やってみたら結構できるというのを実感してもらうとともに、子どもと一緒に色々とやってみる時間を楽しんでもらいたいと思っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しそうですね!
材料を集めてきたり、お昼を食べたり、
遊んだり・・・大人も子どもも一緒に楽しめる
素敵な教室なんですね!v-353
しかも作業時間は2時間とのことで、
子どもにとってもあまり負担にならずちょうどいいですね。
パパさんたちの真剣な様子が目に浮かびます!
我が家のパパさんは、いまいちこういうイベントへの参加は
不得手なので、
とってもパパさんたちのことが羨ましいです。。。
応援!ぽちぽちっと♪
2007/11/01(木) 00:55:01 | URL | 東雲わんたん #Se6gh1zM[ 編集]
いつもありがとう
教室とは名ばかりで、今回は講師はいません。
今までの経験から、大体の道具が見当がつき、用意しました。
もっとも気を使ったのは、たくさん材料を用意することでした。後は参加者の創造力で形にしていってくれました。
後は、穴を開ける、道具の使い方を説明するなど、ちょっとの手助けをするようにしただけです。

何年か前にどんぐりでトトロを作った経験がおやじたちにあったので、材料集め、作品作りもスムーズに行ったのではないかと思います。

子どもがいるから、おやじたちも集まって作ろう、材料を集めに行こうという気になり、やってみたら案外簡単にできたりして、そのうち作品作りにハマルというようになってきます。

いつもありがとう!
私も応援しています。

2007/11/02(金) 18:11:24 | URL | おばおやじ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obaoyaji.blog93.fc2.com/tb.php/204-829904d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。