おやじに喋らせろ!
おやじになって10年。行動パターンがおばちゃんぽいと周りから言われるおやじ。息子と妻と色んなことをやって成長していると思っているおやじ。気がついたこと、やってみたこと、発信していきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タッチ
息子の少年野球の試合を見に行くと、色んな子どもたちや、監督・コーチ・保護者たちなど色んな大人たちを見ることができます。気が付くと人間ウォッチをしているときがあります(笑)。

ある強いチームのある学年に双子の兄弟がいます。名前を達也と和也と言います。ご両親も思い入れがあって名前をつけたんだろうなあと思います。あだち充の「タッチ」というマンガに出ていた主人公の兄弟の名前と一緒です。マンガと同じように、双子二人とも野球が上手です。うちのチームの子どもたちも気にしているプレイヤーです。私は南ちゃんがマネージャーでいるかどうかが気になります(笑)


小学生の野球チームの数はそれこそ星の数ほどあり、人数も50人を超えるチームもあれば、20人くらいのチームもあります。
色んな野球チームがあるけど、それぞれ、子どもたちはチームの主体(主人公)となって活躍する機会をもらっています。試合に出ることができている子どもはある意味スタープレイヤーです。
それが中学校に上がると、色んな小学校から子どもが集まってくるので、今までのようにレギュラーで試合にでることができなくなります。

たくさんの人に見守られながら、今の輝く時代を楽しんで、目標に向かって練習したり、どうすれば良いか考えたり、あれこれやっていって欲しいと思います。

明日も朝から試合です。応援に行ってきます。
にほんブログ村 子育てブログへ
読んでいただきましてありがとうございました.
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://obaoyaji.blog93.fc2.com/tb.php/198-7a1c03ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。